出来ない自分を確認する

今朝はとても気持ちのいい目ざめをしました。

数日ぶりに『お酒』を飲んだからでしょうか?

少なくとも昨日のカートレースの結果に満足して、充実した一日を過ごせたからではないことは事実です。


この文体で察すると思いますが、レース結果は『×』でした。


1年もやって結果が出ないのに何故続けるのか?

お金と時間の無駄ではないのか?


確かに、アラフォー・アラフィフの人達も結構いるこの世界ですが、年齢に関係なく活躍しています。

そんな中では、無駄にただ参戦しているだけのような私は、刺身のツマみたいなものでしょう?(バランだったりして…汗)


年をとると一般的に、新しいことにチャレンジすることが億劫になったり、社会的地位を意識しするが故安全な道を執ることが多いと思います。

やっぱり、年下の(小中学生から30代前半の生きのイイ野郎が多い)中で、遅い奴はカッコ悪い

レースの世界は実力が地位を築くカースト社会の側面が多い(資金的なカースト制の面も多い)!



そうです、改めて確認しました・・・

私はカッコ悪い野郎です。

ナカナカ成長もしないし、ダメなところはどこか?も・どうしたら良いのか?も・アドバイスしてくれる人もいない・・・ナイナイ16です(古い冗談)。

出来ない野郎です。

が、いつまでもこのポジションに甘んじるつもりは有りません。

クソ~!やったるでぇ~~~!

この記事へのコメント